新型コロナの影響で住宅ローンの返済が厳しくなったらどうする?

公開日:

カテゴリー: スタッフの日常ブログ | その他


新型コロナウイルスが発生するまでは、何の問題もなく支払えていた住宅ローンが、新型コロナの影響で大幅な収入源となり、毎月の返済に追われている方も多いかと思います。

収入の回復が見込まれるのなら、一時的に貯蓄を切り崩してやりくりをすることも可能でしょうが、、、、今の現状ではいつ終息するのか全く見当がつかないのが状況です(=_=|||)。。


住宅ローンの滞納が続けば、折角手に入れたマイホームを手放さなければならない状態になってしまいます。

その場しのぎで消費者金融などから融資を受けたりしないで、先ずは金融機関に相談して行ってみてください!

 

 

フラット35の住宅金融支援機構では、新型コロナウイルスの影響で収入が減った人について、返済期間を最長15年延長して月々の返済額を減らしたり、一定期間、返済額を軽減したりする対応を取っております。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

当社では新規物件情報・値下げ情報・お客様にお役に立てる情報を随時HPに掲載しております。

またHP等で掲載出来ない新規物件もございますので、ぜひお問い合わせください♪

メール・ラインでのお問い合わせも大・大・大歓迎です♪♪(ラインID:@jfg7967a)

ぜひ不動産のことでお悩みの方は坂戸不動産までご連絡お待ちしております。

今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

****************************************
坂戸不動産株式会社
〒350-0225 埼玉県坂戸市日の出町2番4号
Tel:049-281-2323
Fax:049-281-0220
info@sakado-fudousan.co.jp
https://www.sakado-fudousan.co.jp
****************************************